射精障害とは

男性のシンボルであるペニス。
今では様々な症状を訴える方が少なくありません。

最近では射精障害で悩まれている男性が増えてきています。

さて、射精障害とは?

大きく分けて3つに分かれます。
1つめは「逆行性射精」です。
精液が尿道を通り射精できずに逆戻りしてしまう症状です。
糖尿病や前立腺・膀胱の手術後に発症するケースが多いようです。

2つめは「早漏・遅漏」です。
こちらの症状は、主に心理的・精神的な要因が
引き起こすことが多いようです。

3つめは「膣内射精不能」です。
主に、自慰行為では射精できても
実際の女性での性行為において膣内射精できない
というケースです。

このことから射精障害には
心因性、気質的な障害、薬物の使用、謝った自慰行為
が、原因としてあげられます。

現在の様なストレス社会において
知らず知らずに射精障害に結びつく原因を
引き起こしている可能性が高いです。

「まだ大丈夫」と油断せずに
早めの発見と治療が必要だといえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ