キャッシング会社のサポートは保証会社が!

最近、コンビニのATMや銀行のATMなど、キャッシングが利用しやすくなり
ついつい借りすぎてしまう方が増えています。
そのため貸金業法の改正が行われ年収の3分の1以下の借り入れしかできないようになりました。

しかしながらまだまだ返済がとどこっている方が多く、
ついには自己破産などの処理をしてしまうといったことが現状のようです。

↑についてみなさん1度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?
貸したお金を返してもらえなくなった場合、
企業は貸し損になるの?

私はいつも疑問に思っていました。
もしも、貸した人全員が自己破産したら・・・
もちろん企業さんはどうにもならないはずです。

そこで企業さんにとって頼りになるのが保証会社です。
このような場合に返せなくなった人の借金を身代わりに払ってくれる会社です。

貸金業者は必ず保証会社の保険のようなものに加入しています。
保険料という形で保証会社に支払っていますので、
いざという時にきちんと保証してくれるということなのです。

ですから、保証会社は企業から支払われる保険料でまかなわれており、
貸金業者も万が一の時は保証金でまかなっているということなのです。

いつでもどこでもお金が借りれる世の中ですが、
保証会社がサポートとして設けられているということは、
支払えなくなる債務者がなくならないということです。

決して安心!だなんて思わないでください。
計画を立てて借り入れを行いましょう。

もっと詳しいキャッシング情報を。収入証明書不要なキャッシングを徹底検証!のことを知りたければここを参考にしてみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ