精力減退と心の病

現代のこのストレス社会の中で
日に日に蓄積されていくストレス。

精力減退の症状を訴える男性の数も
年々増え続けていく一方です。

精力減退の原因のひとつには
心の病があります。

男性は30代を過ぎると
社会的に責任も重くなります。
仕事の量も増え、肉体的にも精神的にも追い込まれ
心に病を抱えてしまいます。

常にストレスを抱えている状態にあり
「怒り」や「焦り」など心に余裕がない毎日です。

そんな状況から、性的興奮を呼び起こす事が不可能になり、
段々と精力減退へと向かってしまうのです。

他にも、女性から受けた言葉や行動がトラウマになり、
精力減退に繋がる場合や
性行為への自信のなさが、精力減退に繋がる場合もあります。

初期の症状だと、自分での認識は難しく
症状が重くなってから気がつくケースが多いです。
パートナーがいる方ならば、
パートナーが、気がつくケースもありますね。

このように、心の病が悪化すると
精力がなくなってしまう
という事が
おわかりいただけたかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ