精力剤に含まれる主な成分(テストステロン、メチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビン)

現在では、数えきれないほどの精力剤があります。

 

精力アップや勃起力アップを高めるために

必要とされてる男性は多いのではないでしょうか?

これだけ出回っている精力剤ですが一体どのような成分があるの

でしょうか?

精力剤に含まれている成分には医薬品成分と以外の2つに分けられます。

 

 

今回は医薬品成分のいくつかについてお話させていただきましょう。

まず医薬成分は、一般的には医療機関での処方になり、

性ホルモン産成分が主流となっております。

 

「テストステロン」は男性ホルモンの一種とされています。

精子増加につながります。
「メチルテストステロン」はテストステロンにメチル基を

結合させた合成ホルモンのひとつです。勃起不全に用いられます。

 

「ストリキニーネ」はマチンという樹木の種子から

摂取できるホルモンで勃起中枢に刺激を与え強壮剤としての役割も果たします。

 

「ヨヒンビン」はヨヒンベという植物の樹皮に含まれる男性ホルモンです。

ペニスの血管を拡張させる効果があります。

 

上記の中には、毒性が強く大量摂取や常用も好ましくないとされている成分もあります。

 

低価格である海外性の精力剤には安全性が疑わしいものもありますので、

含まれている成分や量など事前確認することを心がけて下さい。で

きることならば、安全性の高い国産のものが良いでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ