10代だから安心?まさかのコンドームEDの危険あり!

EDと言うと、4中高年の男性の悩みと言うイメージですが、
最近は若い10代の若者でもEDに悩む人が増えています。

特に多くなっているのがコンドームEDです。

おそらく自分がコンドームEDと言う自覚のない10代の若者が多い
のではないでしょうか。

コンドームEDはコンドームを付けようとすると萎えてしまうED
です。

若いですから性欲旺盛で、24時間365日女性の身体の事を考えている
と言ってもおかしくない年齢ですが、不思議な事に萎えてしまうのです。

女性の身体を見たら勃起をするし、自慰行為もできます。

しかしコンドームを使う事に慣れていなかったり、不慣れな事が原因で
上手に付ける事が出来ず、萎んでしまうのです。

焦れば焦るほど萎えてしまいます。

10代のセックスをしたい盛りの年齢ですと性欲に負け、コンドームED
でもゴムを付けずに膣外射精で済ませてしまう人が多いです。

膣外射精は避妊にはなりませんし、性病の危険もあります。

もし10代の若者でコンドームEDが疑わしいと感じたら、近くの病院で
受診をお勧めします。

病気になってからでは遅いですよ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ